« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

まちかど倶楽部通信

0625

今後も盛りだくさんです!
ぜひお楽しみに!

The カルナーティック・トーク vol.7 ターラ編 part 2

Vikku_2                       Ghatam:T.H.Vinayakuram

南インド古典音楽「carnatic music」を写真と動画で満載でお届けするカルナーティックトークの7回目!
今回のテーマはインド音楽のリズムである「ターラ」編 part 2
ゲストに南インドの鉄口琴、モールシン奏者竹原幸一 氏をお迎えしてお届けいたします。

昨年の12月に開催したThe カルナーティック・トーク vol.4」 ターラ編 part 1では、カルナータカ音楽のターラ(リズム)に馴染んで頂きましたが、今回はさらに一歩踏み込んでリズムの構造・仕組みを竹原さんに解説して頂きます。

ゲストの竹原さんの師匠でジョン・マクラフリンの「シャクティ」でも活躍したガタム奏者、T.H.ヴィナーヤクラムの動画や現地のコンサートの模様を臨場感あふれる動画でご紹介。

南北インド音楽ファンのみならず、パーカッション好きな方も楽しめる回なので、どうかお楽しみに!!



日時 2013年6月15日(土)

時間 17:30開場 18:00開始
会場 荻窪「カフェ・アンナープルナ (荻窪駅北口より徒歩5分)
  東京都杉並区上荻1-18-13 文化ビル2F
    TEL 03-3392-8181

Floor

料金 1500円(ワンドリンク付)
ナビゲーター:井生 明 ゲスト講師:竹原幸一

会場ではダル・カレーとサモサも用意して頂きますので、是非お食事も!
ご予約 カフェ・アンナプールナ 電話03-3392-8181
     「まちかど倶楽部」 machikadoclub☆yahoo.co.jp(☆を@に変換してください)

     ダル・カレーをご希望の方は、ご予約の時にお伝え下さい。

当日はカルナータカ音楽CDの販売やインド雑貨の「まちかどshop」も出店します


※「The カルナーティック・トーク vol.8」の開催は8月24日です。

この回では現在のカルナータカ音楽で一番よく歌われる曲形式「クリティ」の構造の解説と、一番エキサイティングで創造力が要求される曲形式「ラーガム・ターナム・パッラヴィ」についての解説、さらには作曲者というか楽聖について解説する予定です!

 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »